院長あいさつ

理事長:小坂 恵一

みなさんご存知ですか?噛み合わせのずれは、体の様々な箇所に影響を及ぼします。
当院は、噛み合せ外来の専門医として、これまでたくさんの症例の患者様を診察して参りました。
「どこの病院に行っても原因不明と言われた偏頭痛が治った。」
「重度の慢性の首こり、肩こりが治った。」
「突発性の難聴と診断されたが、聞こえなくなる一歩手前で治った。」
など、顎関節の治療により、日常生活の様々な面で改善が見られます。


現在特に気にならないという方でも、正しい噛み合わせをされていない方が多々いらっしゃいます。
そのような方でも噛み合わせ矯正により、今以上の力強さと日常生活の快適さが得られます。


歯周治療を軸にインプラント治療も行っています。埋入に際して自己血から血小板の採取、自家骨の使用を基本としています。ドイツフリアデント社のザイブインプラントを主として使用し、審美的に非常にすぐれたものを提供しております。

 

インプラント暦は23年ほどになり、埋入本数も5千本ほどになっております。正しい位置と充分な容量のインプラントを、一番安全な患者様自身の生体材料を使用するため、長期的に非常に安定したインプラントを提供しております。被せ物は基本的にオールセラミックスジルコニアクラウンを使用し、強度と審美性を持たせています。無料相談も行っておりCT撮影と無料見積りを行っております。
審美治療も補綴前処置としてのMTMや歯肉のコントロールも行っております。


エントランスにある石碑
当院エントランスの石碑

右の石碑に刻まれているラテン語は、ドイツのローテンブルグ城の城門に掲げられています。

「来る人にやすらぎを、去り行く人にに幸せを」

この気持ちを持って、患者様の幸せを追求します。